FC2ブログ
歴史の隙間に埋もれた漂泊の芸能者たちの実像を追いかけています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■境界を越えてきた者たち

交通機関が発達していない時代、さまざまな制限もあり、庶民が旅をするのは簡単なことではありませんでした。山村に住む人々であれば、なおさらです。
とはいえ行商に行く者はいましたし、村の代表者が伊勢参りに向かうことはありました。しかしほとんどの人は、生まれた村の中でのみ生きていました。
そうなると得られる情報は限られてきます。江戸以前はテレビもラジオもなく、書物を読むのも庶民には難しいことでした。つまり「外の人間」や「外の文化」に触れる機会は、非常に少なかったわけです。
そんな人々にとって、年に何度か村境を越えてくる旅芸人は、極めて異質な存在でした。


■神の代理人

そもそも旅芸人は何をしに村に来たのでしょうか? 「芸を見せるため」がすべてとは言い切れません。
俳優であり放浪芸の研究者でもあった故・小沢昭一さんは、著書で旅芸人を「神の代理人」と表現しています。

昔の人たちは、新年の始まりに神が来訪し、一年の祝福を与えると信じていました。
やがて人々は神の姿を真似るようになります。祝言を述べ、歌い、舞い、神の代わりに幸福を祈るのです。村人自ら神を演じることもありますが、住む所を定めぬ漂泊民がその役を担うことが多くありました。それが旅芸人の源流の一つだとされています。
もともと芸能者は、ある種の呪術者として「祝うこと」と「祓うこと」を役割としていました。そうした芸能者たちの中で大きな割合を占めていたのが、定住せず各地に芸を運んだ者たちだったのです。万歳・猿まわし・獅子舞・人形まわしなどは、その流れをくむ芸能です。

そのような旅芸人を、村人たちは畏れと蔑みの入り交じった目で見ていたと考えられます。
かつて「芸能人」は憧れのエンターテイナーではありませんでした。神と交信する呪術者であると同時に、農耕社会からはみ出した卑しい者と見られていました。いわゆる「乞食」と同等の扱いを受けていたのです。
江戸時代になると、エンターテイメントとしての芸能が根付きはじめます。それでも旅芸人を含む芸能人の地位が上がることはありませんでした。


■文化の伝播者

境界を越えてやってくる旅芸人は日常をかき乱す存在でした。
風のように現われ、風のように去って行く。
使い古された詩的な表現が似合ってしまう。そんな旅芸人たちですが、訪れた村々に落とし物を残していました。
それは「信仰」と「娯楽」と「情報」です。すべてまとめて「文化」と言い換えることもできるでしょう。

旅芸人が歌にのせて語る物語は、人びとを楽しませました。語りの場では、遠い土地で起きた事件も語られたでしょう。それらの中には昔話や人形浄瑠璃、歌舞伎の種になったものも多くありました。 
例えば西日本で生まれた「桃太郎」の物語が、関東、東北へとディテールを変えながらも伝わっている。それも旅芸人が文化の伝播者だった証拠の一つです。(※桃太郎の起源は諸説あります)
また、各地に伝わる村歌舞伎の中には、旅芸人の影響を受け誕生したものもあります
旅芸人は電波のごとく、全国津々浦々に文化を行き渡らせたのです。

「媒体」を辞書で引くと「情報伝達の仲立ちになるもの」とあります。旅芸人はまさに媒体の役割を果たしています。
旅芸人はメディアだった。新聞に雑誌、ラジオとテレビとインターネットに変わる存在だった言っても、過言ではないかもしれない。
そこが旅芸人のという存在の面白さなのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 民俗・民族学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。