FC2ブログ
歴史の隙間に埋もれた漂泊の芸能者たちの実像を追いかけています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017(平成29)年の五月満月祭(ウエサク祭)は、今夜、5月10日の夜7時から行なわれます。
つまりもうすぐスタートです。今年もたくさん人が集まっていることでしょう。
京都は雨が降っているとの情報もありますが、晴れてお月様が見えるといいですね。

ところで暦には11日が満月と書いてあります。完全な満月になるのは明朝6時42分頃です。
ですから11日の夜だと、満月が終わった後になってしまうので、今夜のうちに祭を行なうそうです。

一連の記事を書き始めて3度目の、五月満月祭になってしまいましたが (//>ω<)
粛々と書き続けます。

......................................................................................................................................

いよいよ祭の始まりです。
しかし、実は、肝心の祭本番の記憶が一番薄れています……。

ひとまずは祭のプログラムを書き写してみます。
こちらは鞍馬寺発行の小冊子に掲載されたものですで、確実です。
ただし、あくまでも2005年頃の内容だということは、ご留意ください。


+++++++++++++++++++++

五月満月祭次第

第一部 地鏡浄業(きよめ)午後7時

 梵鐘 七点
 銅鑼 三点
 入堂
 銅鑼 三点
 迎神
 「お力の宝棒」を迎える
 献供
 祈願「魔王尊に祈る」
 「消えぬ灯」を大燭台に点灯
 満月に清水を捧げる
 満月に献華
 祈念「目ざめの詩」
   「大祈願」
   「般若心経」
   「尊天幸福への祈り」
 「お力の宝棒」にて加持
 「お力の宝棒」を捧げて退出
 明水を参加者にお授けする
 

第二部 月華精進(はげみ)午後10時

第三部 暁天明覚(めざめ)未明3時

+++++++++++++++++++++


インターネットの情報によると、現在は、一般人が参加できるのは22時までと限定されているようです。
祭の内容も1部の中にぎゅっとまとめられているのでしょうか? 
それとも22時以降は、鞍馬寺の人達のみで行なわれているのでしょうか?
ともあれ、今となっては、この「五月満月祭次第」も貴重なものかもしれません。

つづく


スポンサーサイト

【2017/05/10 18:59】 | 紀行
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。