FC2ブログ
歴史の隙間に埋もれた漂泊の芸能者たちの実像を追いかけています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年のアカデミー賞(アメリカ)のノミネートが出そろいました。
日本としては『君の名は。』が長編アニメ-ション部門に選ばれず、残念でありました。
しかし、その代わりというわけでは全くないのですが、日本を舞台にしたアニメ『Kubo and tha Two Strings』がノミネートされました。さらに日本公開も決定したそうです。

ストーリーは“中世の日本で繰り広げられる血湧き肉躍る冒険活劇”といったもので、桃太郎など昔話の影響が感じられる内容のようです。
あらすじを見た限りではなかなか面白そうですし、これがアメリカの制作会社で作られたということ自体も面白いです。

ただし不安も浮かびます。ハリウッド映画で描かれる「日本」の姿は、日本人からすれば違和感あふれる勘違いな描写が多かったりしますから。
ですが『Kubo and tha Two Strings』においては、そこは心配なさそうです。
すでに映画を観た日本人の話によれば、スタッフは日本の文化を丁寧に調べ上げ、時代考証も綿密に行っているらしく、その辺はストレスなく観られるらしいです。(むしろ日本制作の時代劇より時代考証がしかっりしているかも、なんて意見も見かけました)

そんなこんなで期待値が上がる私ですが、なかでも個人的に注目しているのは、主人公のキャラクター設定です。
公開されている予告編で目を引かれたのは、主人公の少年KUBO(クボ or クーボ)が三味線を背負っている絵でした。

こんなブログなぞやってる人間ですから、昔の日本が舞台で三味線を背負っていると聞いたら、
こりゃ琵琶法師や座頭や瞽女に代表される、語り物の芸人をモデルにしたのか? やるなアメリカ人!
などと安直に考えてしまいます。まあ、我ながら先走りのお門違いな発想だろうなとも思ってます。
しかしながら、ネットニュース等のなかには、主人公を「吟遊詩人」と表している文もありますので、当たらずとも遠からず……かもしれません。

ちなみに「魔法の三味線で折り紙を操る」(あるいは主人公に特殊能力がある)という設定もあるようです。しゃべる猿(声:シャーリーズ・セロン)とカブトムシ戦士(声:マシュー・マコノヒー)も出てきます。
そんな荒唐無稽さも含めて、公開が楽しみです。



スポンサーサイト

【2017/01/27 13:53】 | 映画
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。